年少水遊び エピソード

7月12日(水)

年少さんは園庭で水遊びの日。

スプリンクラーの水を浴びたり、ブルーシートの上に寝転んだり、ペットボトルシャワーを楽しみました。

そんな中、一人の男の子が集団の輪を離れ、芝生の外の地面に立っていました。

下を向いて、じーっとしています。思わず、

「どうしたの?」

そう聞くと、ニカッと笑ってまた水遊びを始めました。

体調不良でないことに一安心して、また子どもたちと遊び始めました。

 

しばらくしてまた同じ男の子がまたじーっと立っているのが見えました。

今度は、声をかけずにそっと覗き込んでみることにしました。

 

「じわーってなるよ」

覗き込んでいることに気が付いて、そう話してくれました。

男の子の洋服から流れる水が、足をつたって足の形に地面を広がっていきます。

「染み込んでいくね」

その言葉にまたニカッとして、今度はちょっと移動して、濡れた地面がスーッと乾いていく様子もじっくり眺めていました。

 

初夏となり、暑さを感じるこの頃ですが、こうして暑さを「見る」ことができるんですね。

パワフルに水と触れ合う遊びもとっても楽しいですが、こうしたちょっと違った水遊びができるのですね。改めて子どもたちの発見する力の偉大さを感じました。とっても心地よい水遊びを堪能しました。

 

【の】

杉の子幼稚園のFacebookページ・インスタグラムはこちらから


Facebook
www.facebook.com/1957589827802032

インスタグラム
www.instagram.com/suginoko_kindergarten/

2017.07.16

Category:その他